フランツ美弥さま、カフェブレに降臨

フランツ美弥るりかさまがカフェブレに降臨です。

美弥さま、日々皇帝という立場にあって、穏やかで落ち着いた崇高さに更に磨きがかかって悟りを開いた境地のよう。

日々浮足立っている私は美弥さまのように泰然と構えていたい。

ジェンヌがプロデュースするコーナーでは、聖乃あすかさんと舞空瞳さんが美弥さまに「流し目を見せてください」とお願いしていました。お二人にとって美弥さまは雲の上の人のような存在なのではないでしょうか?

そんなお二人に美弥さまは「流し目を観たいと言ってくださってありがとうございます」と皇帝でありながらどこまでも控えめで自然な謙虚さ。まさにロイヤル美弥さまでした。

NHKBSで月組公演観た感想

話題になっていた月組公演カンパニーとBaddy観ました。どちらも宝塚っぽくなくて楽しかったです!

カンパニーは演劇集団キャラメルボックスでやってそうなお話でした。暁千星さんの声のトーンがいかにもキャラメルの演出家さん好みな感じで、すぐにでも客演できそう。

珠城りょうさんのトップ感薄めだったなー役の影響もあるのかなー。あと美弥さんの声はお芝居の役にもあってたし、よく通っていいなー。そして憧花ゆりのさん、存在感ハンパないー

 

ショーの珠城りょうさんはダンスの手首から先がすごく色っぽいと思いました。若いうちのトップ抜擢で色々言われたけど、若さと持ち前の健康さと丈夫さを生かしてガンガン歌って踊ってリフトして、誰にも文句言わせねーって心意気を感じました。

愛希れいかさんは準トップみたいな役柄で、特に青い羽背負った怒りのダンスは娘役っぽい可憐さ皆無でかっこよかったです。睨み合いながらのデュエットダンスって初めて観ました。このトップコンビ、寄り添って微笑み合うよりも、火花散らして魂がぶつかり合ってるほうがエロスを感じます…珠城りょうさんのもっともっとエロくて狡猾な一面を観てみたい!と思ってしまった私はゲスでしょうか…

 

聖乃あすかさん&舞空瞳さんのカフェブレ、マイティP登場

新人公演主演コンビのカフェブレです。

聖乃あすかさん、名前とお顔が恥ずかしながら初めて繋がりましたが、何だか菩薩様のような穏やかな御尊顔でいらっしゃいます。舞空瞳さんはすごくきりりと目力感じる、仕事が早い女上司みたいな印象で、パッと見対照的なコンビです。

ジェンヌプロデュースは、水美舞斗さまより「デート中、肌寒くなった彼女をそっと抱きしめる」というシチュエーションのご指定でした。舞空瞳さんは聖乃あすかさんに背を向けて、はーっと吐息で手を温めていたりして、彼氏に心配かけまいとする乙女心を演じる心意気を感じます。演技派だー。そして背中から抱きしめる菩薩様。後光がさしてます。

そういえば水美舞斗さま、先日のカフェブレでの質問の「これだけは譲れないこと」では、「台本を最初に読み合わせたときに感じた気持ち」とおっしゃっていました。演出家が灰皿投げようが、脚本家が無理通してこようが、自分の感覚を信じるということでしょうか。マイティの舞台人スピリッツをまた垣間見た気がしました。

鳳月杏さんのカフェブレ 話したい人は松倉勝家

久々にカフェブレ・レビューです。

鳳月杏さんが悪役を語っておられました。松倉勝家という役は理由なく悪、徹底して悪なのだそうです。そのくせ持ち歌があっていつも3人でつるんでいてエンターテイメント的な要素もあり、鳳月さんはディズニーの悪役をイメージしているそう。なんて聞いちゃったらもう松倉勝家、フック船長にしか見えない・・・

悪役トリオについて興味深かったのは、三人で特に役作りの打ち合わせはしなかった、天真さん、冴月さん、それぞれキャリアと持ち味があるから(それを大事にした)・・・というところで、お互いにすごくリスペクトしているんだなーと思いました。

最近ハマっているものはヘアカラー?ピンクシャンプーとかおっしゃってましたが、おしゃれな響きです。鳳月さんの髪の色、グレーのような栗色のような、難易度高そうなお色でしたが、とてもお似合いでした。

 

#鳳月杏 #松倉勝家 #カフェブレ

鍾繇の臨書、薦季直表

ご無沙汰している間にちゃぴさんは大劇場無事卒業なさいました…お疲れさまでした!

 

f:id:jiamiao:20181004205617j:image

鍾繇の臨書は先週“力名表”で終わりました。これは“薦季直表”です。ちょっと丸文字ぽくて朴訥な見た目がどストライクです。皇帝宛の推薦状だそうですが、皇帝に丸文字ってちょっとどうなの?臨書するとその字の小ささに首すじが攣るわ攣るわ。見た目素朴でかわいいけどなかなかロックでハードな書でした。

 

体当たりな桜木みなとさんのカフェブレ

カフェブレ今週は桜木みなとさんです。恒例の得意なものまねはサザエさんより「タイ子さんとイクラちゃん」。ビックリしたのは、「イクラちゃんのものまねは今日初めてやりました」って・・・体当たりにも程があります。中井さんの「自主練の方が上手にできていらっしゃったのにね」って目線がお母さんみたいに優しい。

自分へのご褒美が旅行だという桜木さんは、大劇場公演と東京公演の合間にニューヨークへの弾丸旅行を敢行、そこでダンスの教室などに飛び込みで参加したそうです。ピラティスにも挑戦したところ、先生は英語オンリーな上にお手本を見せず、生徒さんを見よう見まねしようにも動きがバラバラで何もできなかったと笑っておられました。清々しいまでの体当たりっぷりです。

いつもにこやかで明るいイメージですが、ホントにポジティブに体当りしていかれるのね、スターさんに大切な要素よねーと思いました。

ニューヨークの武者修行の成果が出ているといいですね。

横山光輝先生の三国志にも登場していた!鍾繇を臨書

鍾繇の宣示表を臨書しています。細字です。

f:id:jiamiao:20180606180747p:plain


筆者の鍾繇という人は魏に仕えていた人で、楷書を開発した先駆者みたいな存在で、王羲之もその筆法を真似ていたらしい。だから楽毅論と風合いが似ています。孫過庭もかの有名な「書譜」の中で、鍾繇の書を「絶倫」と讃えています。

宣示表の内容は、三国志の時代、呉の孫権が魏の文帝に和睦を申し出たことに対する鍾繇の意見書、ということだそうです。ということは横山光輝先生の漫画「三国志」にもしや登場していたのか?と思ってぐぐったら、登場人物のリストにいましたー

鍾繇

魏の政治家。鍾会の父。初登場は長安太守として弟の鍾進(作中で名前は呼称されない)とともに涼州との国境を守っていたが、馬超軍に攻められあえなく打ち破られ、弟も龐徳に討たれてしまう。後に馬謖の策略で隠遁生活に追い込まれていた司馬懿を国政の場に復帰させるよう、曹叡に進言している。

マンガにがっつり登場している模様。しかもいろんな戦いにもガッツリ参戦している模様。楷書のパイオニアなのに戦闘もやりますって・・・鍾繇さま、多才〜。

となるとそのお姿が気になるところですが…wikiはこちら。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f3/Zhong_yao.jpg/200px-Zhong_yao.jpg

さらにSEGA三国志大戦2から・・・なんかちょっと残念な感じだ

http://www.bigweb.co.jp/new/imgc/001/169/116956.jpg?c=116956?c2014

f:id:jiamiao:20180606191307j:plain

こちらはスマホゲームの鍾繇さま。巻物から浮き上がる宣示表に絡まれてるー!芸が細かい。イケメンだし、せっかくだからこのイメージで臨書しよー