王羲之の十七帖、全紙臨書しました

王羲之の十七帖を臨書しました。

集字聖教序や蘭亭序、楽毅論に並ぶ、王羲之の代表作です。

 

王羲之晩年の書ということで、書いたのは57,8歳くらいでしょうか。友人への手紙ということですが内容がどのようなものなのか、非常に気になるところです。子供の就職、結婚か?奥さんへの不満か?はたまた健康についてとか…。ぐぐってもなかなかわかりません。こんな本が出版されているようです↓

books.google.co.jp

地元の図書館にはなかった…

ちなみに宛先人の周撫という人は王羲之より11歳年上とのことで、どういう間柄なんでしょうか。

調べてみると、周撫が参戦した王敦の乱というのがあるらしいのだが、その首謀者王敦のいとこの甥が王羲之、ということだそうです。つながりの端緒が見えたけど、そもそも王敦と王羲之の「いとこの甥」って関係も、結婚式とかお葬式で会っても面識ないレベルでは・・・

f:id:jiamiao:20200530103127j:image

ところが、Wikipediaによると、

王羲之魏晋南北朝時代を代表する門閥貴族、琅邪王氏の家に生まれ、東晋建国の元勲であった同族の王導や王敦らから一族期待の若者として将来を嘱望されていた

とあるので、王羲之はそんな遠ーーーい関係にもかかわらず目をかけられるほどで、裏を返せば王羲之がいかに超優秀であったのかがうかがえます。

一方、王敦と周撫の関係ですが、

諸葛瑶・鄧嶽・李恒・謝雍とともに王敦の爪牙とされた(Wikipediaより)

ということで、周撫は王敦の手先となっていろいろ働くかわいい部下だったのでしょう。

ですからおそらく現代に置き換えて想像してみると、

王敦(ワイングラスを揺らしながら)「紹介するよ周撫、こちらうちの一族期待の星の王羲之。こいつは開成首席で東大じゃ物足りないからマサチューセッツ工科大学飛び級で進学するの。で、こちらは周撫。こないだうちの社長失脚させるのにいろいろ暗躍してくれたんだよ。年の差はあるけど二人とも頭脳明晰だから気が合うんじゃないかなぁ」

周撫「これはこれは初めまして。噂は王敦閣下から聞いてます。マサチューセッツですか~、将来はITかな?それとも宇宙関係かな」

王羲之「こちらこそおじさんから社長失脚の武勇伝伺ってます。入れ知恵したのは周撫さんなんですよね。身の毛がよだちました」

うーーん何か書聖の王羲之がブラックなイメージに・・・かくしてエリート同士の高尚な文通につながってゆくのですね、わかります。ちょっとBLっぽい香りもしないでもないですが、そんな背景を想像しながら臨書してみましょう。

f:id:jiamiao:20200530123627j:image

ああーなんて書いてあるのか、内容が知りたい

 

 

柚香光さんの傘のダンス

去年8月にNHK-BSで録画した花組のショー『ビューティフルガーデン』観ました(今さら)

お歌が…と兎角耳にする柚香光さんですが、舞空瞳さんと組んだ傘のダンス観て、このダンス観られれば歌なんてどぉーでもいいんでないか?と歌うま万歳な私が初めて思いました。そしてドケチな私とした事があろうことかダンスオリンピアのブルーレイ・ディスクを検索してしまいました。

私はもちろん踊れないし、上手い下手もぱっと見じゃ分からないど素人だけど、この傘のダンスは観ていてことごとく気持ちがいいというか、デトックスされるようなスッキリ感というか、ピタリとピースがハマりまくる爽快感を感じます…

書道も同じで、先生のお手本はここでこういう力加減でこう動いたらカッコいい!という自在さがあります。柚香光さんのダンスが天性なのか努力の賜物なのかは分からないですが、書道は書いてナンボなので自在さを会得するためには枚数重ねるのみです。

見るとデトックス効果がある書とか書けたらいいなぁー

 

「麒麟が来る」に出てくる手紙が整い過ぎているのではないかと思ったこと

麒麟が来る、を初めて見たのですが、そこで使われていた一筆に何となく違和感を感じました。

f:id:jiamiao:20200411114512j:image

仮名文字、すごくきれいです。でもこんなに整って書くかなぁ…渇筆の個所がない。昔の手紙ってもうちょっと乱雑なイメージがあります。

テレビ朝日「遠山の金さん」に出てきた手紙はこちら

f:id:jiamiao:20200411122455j:image

悪党が寄越した手紙なんですが、渇筆と潤筆が満遍なく混在して、とても自然な風合いで好きです

 

「宙組FLYING SAPAにかける想い」を観た…その2

BS-TBSの番組の前半はトップコンビのデートに密着みたいな感じでしたが、後半は、この公演の演出家上田久美子さんと、音楽担当の三宅純さんの対談でした。正直特に興味なかったけど、終わってみればデート密着より印象深かったです。

特に上田久美子先生がこの物語の背景の設定について、

10年位前スマホが普及しだしたころ、みんながそれをもって波に乗っていかないと世の中に取り残されるんじゃないか、と強制的に参加させられていく、もつと怖いのはみんながそれを無自覚で乗っかってってる、そんなもやもやした気持ち悪い世界

と解説していましたが、自分にも思い当たる節がありました。また三宅純さんの

監視されているようなものだし志向性が吸い上げられている危機感を感じる

とおっしゃったところもまた引っかかりました。

自分を省みると、スマホでヤフコメ読んで自分の感覚と世間の意見との答え合わせに没頭して気づけばいつのまにか何時間も費やしてる。ただ「だよねーっ」て共感したいだけで。

でももしかしたら無意識のうちに自分の考えを見えない何かに統一されたがって安心したいのかも。

なので、ボーっとBSとかで昔のミステリーセレクションとか観ていてはいけないと思う。思考して言葉を組み立てることを怠ってては呆けてしまう。だからできるだけブログも更新します!

 

 

「宙組FLYING SAPAにかける想い」を観た

BS-TBS宙組の次の公演「フライングサパ」の番宣やってるのを見ました。

真風さんは、舞台ではいつもかっこつけてスカしてんなーと思ってたけど、この番組では地の真風さんはとても暖かく星風さんを程よい距離感で見守ってる感じがして、見ていてとても心地良い2人でした。そして星風さんの、自分の考えをしっかり持ちつつも、垣間見える謙虚さがステキで、今からでも私こんな強い芯とかわいげを兼ね備えたいと、切実に思ってしまいました。間に合う?人はいつでも変われるはず…

番組ではこのお二人が有楽町のプラネタリアという施設を体験していて、その宇宙のコンセプトがまた宙組と、そして次の演目の世界観と共鳴してました。この赤坂ACT公演観たいけどムリだったらこっちのプラネタリウムに浸りたいです。調べたらちょっと高級なシートが¥2000台でした。

planetarium.konicaminolta.jp

万物流転とかなんか禅的で宇宙的な書作品が書けそうな気がします^^

 

12/27暁千星さんのカフェブレ

暁千星さんのカフェブレを見るとなぜでしょう、無性にブログに残したくなります・・・

ツボにはまったのは、「旅のしおり」。作るのが好きで、みんなでUSJに行くときにもありちゃんが作成して配布したそうです。時間や行程はもちろん、無為に時間を過ごしたくない、という思いから「旅の気づき」という欄もあるそう。ありちゃんが回収してチェックしてダメ出しとかするのだろうか。

今回はマッチョなアルゼンチンサッカー選手という役どころということで役作りでありちゃんがやったことは・・・

  1. 今までさほど興味もなかったけどサッカーの試合を生観戦→選手を間近で見てイメージのヒントを得る
  2. ボディビルダーの大会映像を見る
  3. 筋肉あるあるをネットで研究する→形だけでなく心も理解して納得
  4. プロテインを摂取する→間に合わないしそもそも衣装で見えないじゃん、と気づいて断念、見せ方で工夫する
  5. 外国人のカタコトを研究する

以前、アドリブはメモって準備しておきたいタイプとご自分でおっしゃってましたが、こうしてみるとホントに徹底的に準備をして舞台に臨んでいらっしゃるんだなーと思いました。 アジア人とアルゼンチン人のカタコトのイントネーションが結構違うなんて、そこまで心を払う人他にいるだろうか…

パブロのセリフは周りを気にしない空気読まない唐突なものが多く、ずかずか他人の中に入っていくけど憎めない、というのがあまりにも自分と違って気持ちがついていかない、とおっしゃってました。なんとなく天真爛漫なみんなの弟という印象で、パブロそのものかと思いきや、意外でした。

ということで、準備周到でどんどん引き出しを増やしていく暁さんを来年も注目していきたいと思います。